スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATF交換は前洗浄が大事なんです~。  レガシィ BP5E

s-RIMG2434_20121212193448.jpg



お電話でお問い合わせを

頂いてからの来店です。





レガシィツーリングワゴン  BP5E 95000km



過去のATF交換暦は

純正で1回、WAKO'SハイパーSで2回

どちらも循環式での交換だそうです。









今回もハイパーSでの交換を

当初希望されていたのですが



エステル系100%化学合成ATF NUTEC ZZ51改


にグレードアップすることになりました。



もちろんトルコン太郎の圧送式交換で。









s-RIMG2465.jpg 







オーナー様の希望で

10万キロ前に一度 、

オイルパンの内部確認洗浄を行いますね。










s-RIMG2412.jpg
s-RIMG2417.jpg
s-RIMG2415.jpg 









予想通りオイルパンの内部はキレイ

磁石に鉄粉が少し付いている程度。





オイル管理がされているATは

10万キロ走行していても

内部はこんなにキレイなんですよ~。







s-RIMG2419.jpg 






今回はAT内臓のストレーナーは交換出来ませんでしたが

外部に付いているカートリッジ式ATFフィルターは交換しました。














s-RIMG2440.jpg
s-RIMG2441.jpg
s-RIMG2442.jpg
s-RIMG2443.jpg
s-RIMG2445.jpg 


アイシン AFWプラス で

まずはフラッシング交換。



AT内部のススギ洗いだと思って頂いてOKです。





クリーナーモニターに見える黒いのが

抜き取っておいた古いATFです。



違いが分かりやすいですね。










s-RIMG2422.jpg 




ここから本命のZZ51改に再交換します。






トルコン太郎の圧送式交換は

交換効率が高いので




前洗浄さえしておけば

規定量の1.1倍  11ℓ 

完全に入れ替わりますよ。









s-RIMG2450.jpg
s-RIMG2452.jpg
s-RIMG2454.jpg
s-RIMG2455.jpg
s-RIMG2458.jpg 





赤色のATF(AFW+)から

朱色のZZ51改に変わる様子が

分かりやすいですね。





試運転後に

ATFレベル調整も診断機を使用して

適正温度で合わします。



ATFは多くても、少なくてもダメなんですよ~。







インプレッションは後日オーナー様から

メールを頂きましたので添付しますね。



BP5Eの○○です
寒い中、ATF交換作業お疲れ様でした

ニューテックに変えての感想を言いますと
スリップロスが少ないようで、ダイレクト感は出てます
何より作業を自分の目で見てるので、信頼性を感じ、感動しました

これから色んな状況と遭遇するのが楽しみです
迅速に対応してくださり、ありがとうございました




























関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

BP5E : 2012/12/12 (水) 22:52:46

こんばんは、連絡ありがとうございました
ブログUP、拝見しました
インプレッション2
中間加速の時、スリップを感じません
本人しか分からないかもしれないが
加速がすばらしい

HIRO2525 : 2012/12/14 (金) 09:14:25

2回目のインプレッションありがとうございます。

その辺りの変化の違いは、オーナー様のほうが感じやすいので

参考になります。


これからもどうぞよろしくお願いします。

ミナト自動車 

BP5E : 2013/05/06 (月) 11:41:37

12月にATF交換していただいたBP5Eです、お久しぶりです
エンジン換装が終り、慣らし中です
オイル類の温度管理をしてますが、ATFの油温管理もしたいので、教えていただきたく
使用温度は何度位で、限界の敷居値は何度ですか?

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。