FC2ブログ

ATF圧送式交換について  それ間違っていますよ~!!誤解です~。

ミナト自動車にATF交換を施工する為

近郊、遠方問わず多くの方にご利用いただいています。



ありがとうございます。












来店時には問診などをさせて頂いて

イロイロATFチェック後、

問題なければ 作業に移らせて頂いています。
















その時に 『トルコン太郎のATF圧送式交換』 について

お話する機会(説明) があるのですが








かなりの確立で圧送式交換自体に

誤解があったようです。












いい機会なので

今回のブログテーマは

その辺を 分かりやすく 説明していきますね~。








s-RIMG4462_20140116161753751.jpg








まずはATFチェンジャー『トルコン太郎』の

ホースを車両側と接続します。














接続しにくい車

そもそもホースが無い車

いろんなタイプがあるんですよ~。







s-RIMG0868_20140116143003733.jpg
s-RIMG0869_2014011614300536c.jpg 






主に車両側のATF冷却用ホースを利用し

新油INホース と 廃油OUTホースを接続します。












国産車でもホース、パイプ径に種類があり

適切な大きさのアダプターをチョイスします。









もちろんこの時に異物混入しないよう

使用前、使用後にはパーツクリーナーで常に洗浄









ATF交換では基本的な事なんですが

やはり気を付けないと不具合の原因になるんですね。





s-RIMG0876_201401161430070de.jpg 










ATF交換は基本的に

エンジンを掛けながら交換します。


(エンジン停止状態ですると思われている方も多いですね。)















そしてここから少し誤解があるようです。














圧送式交換の圧送

言葉だけを聞けば







トルコン太郎からATFを加圧して

グイグイ押し込み








AT内部からは押し出された廃油ATFが

ドバドバ出てくると思われているようです。
 





コレ違いますよ~。  間違っています。







s-RIMG0336_2014011614293702b.jpg






実際はATFチェンジャー側は何もしなくても

エンジンを掛けるだけで



上記の廃油モニターに

廃油ホース経由でドバドバ排出されます。










排出されたATF量を

トルコン太郎が自動計量







新油用ATFポンプを使用して

イイ感じで注ぎ入れていくんですよ~。





s-RIMG0867_201401161429422a4.jpg 





もっと詳しく言うと






排出されたATFは(C・廃油モニター)を通過し

廃油タンクで回収します。   (同時に重量計測)











廃油タンクにある重量計の排出量にあわせて

新油を重量管理しながら



やさしく注入するんですよ。











新旧オイルが混ざる事無く

設定量まで全自動交換します。









トルコン太郎は

新油タンク系統にも異物混入を防ぐ為、

Wフィルターが装備される安心設計なんですよ。

A・新油モニター












s-RIMG0826_20140116142941543.jpg 




ATが本来ある通路を利用し

ミッションに全く負荷を掛けず






素早く確実に効率良く

交換できる『ATF圧送式交換』











オリジナル油圧経路をそのまま利用して

新しいフルードを注入していきますので

大変オススメの交換方法なんですよ~。







s-RIMG0824_2014011614294018a.jpg 




(無理やり新油ATFを押し込んでると思ってました!!)

(負荷が掛かっても、交換効率が良いなら仕方が無いね。)





お客様との会話の中で

こんな風にお聞きましたので





今回のブログは

ATF圧送式交換についての誤解

取り上げてみました。











ATF交換をご希望される方は

ぜひミナト自動車にご相談ください。




ホームページ『お問い合わせフォーム』からお待ちしていますね~。












関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :